lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

生命力が一番強くて一番若いブラックベリー

タイトルが長くなってしまいましたが、


2018年5月?日(GW留守中)
 我が家で一番若いブラックベリーが開花(茶色っぽくなっている)しました。
2017年の冬(おそらく2月頃)に挿し木して根付いて、我が家の数本のブラックベリーの中で一番若くて小さいものになります。



この小さなブラックベリーが、一番生命力が強いのです。その強さの歴史を振り返ってみたいと思います。


2017年冬挿し木
 細い枝を剪定した時、「捨てるのが勿体ないのでとりあえず土に挿しておこう」と気軽に挿し木をしました。案の定、この挿し木以外はすぐに枯れてしまいました。どうせこの一本も、そのうち枯れてしまうだろうと思って、肥料もやらず水やりのみでした。


20177月18日
 全長30センチほどに成長(細くて弱々しい)し、この日開花しました。
この苗木にとって初めての開花でした。



 もともと、ろくに世話もせず放置していた挿し木。それでも五ヶ月で花芽をつけるなんてビックリ....驚きと感動が入り混じりました。
 苦境の中で可憐な花を咲かせた生命力に感動しました。抗がん剤治療で弱っている自分に照らし合わせて、その力強い生命力に私自身が励まされたのです。
そして、そのブラックベリーに心から感謝!!実がなったら、そのパワーをお裾分けしてもらおうと思っていました。しかし、天候不良などで結実には至りませんでした。


2017年10月28日
 枯れる。
 小さな苗の生命力に感動して、私にもその命のパワーをお裾分けして欲しいと願ったにもかかわらず、抗がん剤治療で体調が思わしくなく、ちゃんとした世話が出来ない状態が続きました。連日の猛暑も追い討ちになり、ついに枯れさせてしまいました。「あーなんてことをしてしまったのか、自分の分身だと思ってもっとちゃんと世話をすればよかった」と、後悔やまず...


2018年2月
 枯れたまま放置し続け、2度の雪にも晒す。


2018年4月
 生き返る。
 枯れたと思っていましたが、土から数センチの所に枝が伸びて緑色の小さな葉っぱが付きました。この生命力には本当に驚かされました。私はこのブラックベリーに対して、とても酷い扱いをしてきたのです。にもかかわらず、またしっかり芽吹いてくれたのです。


2018年5月9日
 つぼみの2つ目が開花



強い生命力を持ったブラックベリー。
頑張って生き抜いてくれてありがとう
もっともっと大事にしよう!!