lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

がんで他界と聞くと何とも切ない気持ちになります

8月6日、フレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏(73歳)が逝ってしまった事をニュースで知りました。すい臓がんで闘病していたと...

がんで亡くなられたと聞くと、胸に矢が刺さった様な感じで、何とも切ない気持ちになります。


昨日のランチは、ロブションさんに哀悼の意を表して、”ル パン ドゥ ジョエル・ロブション”のパンを食べました。とても美味しかったです!
美味しいもの食べたい症候群の私は、「お店のパン全種類を食べてみたい!」という意気込みでしたが、今までに食べたことのないパンを選んでみました。


画像下のオレンジのパイは、サクっ、しっとり、爽やかで甘すぎずが超私好みでした。こちらは、季節によってトッピングのフルーツが変わるのではないかと思います。
画像右のクリームチーズのパンも、クリームが甘すぎずふんわりしていて美味しかったです。
二個じゃ足りないと思いましたが、なぜかとても満足しました。



ロブションさんの料理哲学を下記サイトから引用しました。
https://www.robuchon.jp/wp-content/uploads/2018/08/comment3.jpg
料理は愛から始まる芸術です。
人を愛し、食材を愛すること。
愛情は料理に現れます。
私たちシェフが料理をするとき、まず想うこと。
それは出来上がった料理をお客様が
心より美味しそうに嬉しそうに召し上がってくださる姿です。
絵画や映画など人の心を動かす全ての芸術がそうであるように、
料理もまた、創造するプロセスに厳しさを伴うもの。
時には、不安という壁に閉ざされて、身動きできなくなることもあります。
しかし、お客様のその喜びで輝くような笑顔によって支えられ、
料理がもたらす愛のメッセージによって励まされ、
私たちは常に前に進むことができるのです。
今日も私たちのつくる一皿が、皆様に幸せなひとときを贈ることを願って。
ボナペティ!
ジョエル・ロブション


昨日の私のランチタイムは、ロブションさんの美味しいパンを食べて、幸せなひとときを過ごしました✨
とても美味しかった〜!!


一皿のために、食べる人のために、ひたむきに情熱を注ぎ続けて生きたロブションさん。
私も、自分がやるべき事柄に情熱を注いで生き続けたい。


フレンチの巨匠ロブションさん、謹んでご冥福をお祈りいたします。





記事を追加します。

ロブションさん他界のニュースの2日後の8日、沖縄県知事の翁長雄志さんの悲報を知りました。翁長雄志さんに追悼の意を表すとともに、心からご冥福をお祈りいたします。


記事を追加します。また悲しいニュースです。

「ソウルの女王」アレサ・フランクリンさんが16日亡くなられました。76歳だったそうです。家にあるCD、今日はそれを聞いて追悼しよう。心からご冥福をお祈りいたします。