lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

ゼローダ手足症候群対策 最強の保湿グッズ①

ミント これまでに書いた  手足症候群対策 シューズとソックス  化学療法中の副作用 手足症候群(1)  化学療法中の副作用 手足症候群(2) と関連したブログになります。 こんなに湿度も高くてジメジメしているのに、なのに、手足の皮膚は乾燥して硬くなってしまう。冬でもないのに... ゼローダのハンドブックには、綿の手袋や靴下で保湿するように書かれていますが、 実際、私の手足の乾燥は、それだけでは…

白血球数が1600に…(4)「やってしまった…薬物乱用…」

フェイジョアの花6月撮影(マルベリーの花ではありませんでした。訂正します。7月20日)  白血球数が1600に…(1)「このまま死んでしまうのかな…」  白血球数が1600に…(2)「その人生きてますか?」  白血球数が1600に…(3)「か、痒い、助けて〜」 の続きになります。 ゼローダ2コース1週目が終えたところで、白血球数が1600まで下がっていることが判明。 好中球数も低下したため、2週…

鉢植えブラックベリー もうすぐです

7月4日(火)の状態 鉢植えのブラックベリー、だいぶ色づいてきました。 赤く色づいていてラズベリーのように見えますが、 熟すと黒くなって実がふっくらとしてきます。 7月1日(土)の状態 7月1日(土)こちらは、親のブラックベリー 上の2枚の画像は、親からの挿し木で育ったものです。 昨年も豊作。 今年も豊作! 抗がん剤で体はダルダル、手足の状態も日々悪化していて いいことないずくしですが... ベ…

気分転換におやつ ラズベリー+お酢+スパークリング

ベリーが大好きなので、最近のおやつはベリー三昧 材料は、 冷凍のラズベリー、ブルーベリー、ストロベリー お酢 炭酸または水 作り方は、 冷凍庫からミックスベリーを取り出しグラスに入れる お酢を適量そそぎ、仕上げは炭酸または水を注ぎ、出来上がり! 約1分で作れてしまうので、喉が渇いた時によく作ります この記事の写真を撮った日に、 本屋に行ったところ「趣味の園芸7月号」が目にとまり、 パラパラめくっ…

気分転換におやつ グーズベリー、ブルーベリー

気分がめいったり、体調がすぐれない時 気分転換を心がけます そんな時、おやつはとてもいい気分転換になります 最近のおやつのマイブームは、フレッシュベリー ベリー大好きの私にとって最高の季節です 今日のおやつは、新鮮採れたてベリー サウスムーンという品種のブルーベリーとグーズベリー(すぐり) グーズベリーは、ブルーベリーよりもちょっと甘酸っぱい 季節感満載の無農薬ベリーに心も体も癒されます

手足症候群対策 シューズとソックス

梅雨に入ったので、ウォーキングシューズが濡れてしまったときのことを考えてもう1足購入することにしました。 今履いているウォーキングシューズの履き心地がいいので、同じものが欲しくて、 このシューズを買ったデパートのスポーツ用品売り場へ行ったところ、 同じものはすでに廃盤… 店員さんにもお願いして、同じメーカーで似たようなものを探してもらいました。 何足か試着してみるものの、自分の足に合うものが見つ…

寝付けない...睡眠お助けグッズ①

ゼローダを飲み始めてからというもの、寝付くのにとても苦労しています。 寝付くのに2、3時間かかるか、本当に朝方まで眠れないという夜もありました。 毎日抗がん剤を飲んでいると、とても疲れます。 副作用なのかわかりませんが、飲み始めてから体温が上がって平均37度台。 体の内側に熱がこもった感じでとてもダルイのです。 頭も熱いので、寝る時にアイ⚫️ノン(保冷剤の枕)を使います。 足の裏は手足症候群の状…

白血球数が1600に...(3)「か、痒い、助けて〜」

前回の記事  白血球数が1600に…(1)「このまま死んでしまうのかな…」  白血球数が1600に…(2)「その人生きてますか?」 の続きになります。 ゼローダ2コースの出来事です(現在は終了しています)。 白血球数・好中球数が低下したため、2週目スキップし、3週目休薬中のことです。 あっけなく死んでしまうわけにはいきませんから、油断は禁物! ということで、今まで以上にセルフケアを強化して感染予…

気分転換におやつ

気分がめいったり、体調がすぐれない時 気分転換を心がけます そんな時、おやつはとてもいい気分転換になります 猫のイラストがかわいい容器におやつを入れて 蓋をあけると おやつはプルーン 種ぬきしてあって柔らかくて食べやすい プルーンは栄養価も抜群! ビタミン、ミネラル豊富で抗酸化作用もある そして食物繊維も豊富 ネットで調べてみると 甘みが強いのに砂糖無添加で、なんと低GI食品 さらに、閉経後の女…

白血球が1600に...(2)「その人生きてますか?」

前回の記事「白血球が1600に...(1)」の続きになります。 今では笑い話ですが、ふと、大昔のことを思い出しました。 私は若い頃から白血球数が低いと指摘されていたのですが、30年ほど前の職場の健診で白血球数が低くて、検査技師さんが驚いて緊急で検査結果を通知してくれたというエピソードがあります。 当の本人は、すこぶる元気でピンピンして仕事をしていました。 その時の白血球数が2300。 後から聞い…