lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

金縛りと悪夢で恐怖の雄叫び

久しぶりに金縛りにあいました。
若い頃、金縛りでとても怖い思いをしたことがあるので、とにかく金縛りは怖くて嫌なものだと長い間思っていました。


金縛りが始まる前に、前兆というか予兆があります。それは、なんとも言えない嫌な空気感で、その空気感を感じると、必ず金縛りにあうのです。


この間、金縛りにあったのですが、予兆はありませんでした。
久しぶり過ぎて金縛りかどうか気づかない程でした。最初、右の肩から右腕と胸が押さえつけられて動けなくなり、あまりにも苦しかったので向きを変えようとしましたが、動こうとすると余計に体の上から押さえつけられました。
必死に「助けて」「やめて」と声を出そうともがくのですが、どうしても声が出ません。何とか力を振り絞って体を動かしたところ、今度は左側が同様の状態に。
あっ、これ金縛り?と、ようやく気づきました。


体が金縛りにあっている最中、同時進行で夢を見ていたのです。
夢全体のストーリーは覚えていませんが、全体的に現実離れした不気味な内容でした。


左側が金縛りにあっている最中の夢だけはハッキリ覚えています。
ハッキリ覚えているところは、床の間に3枚の掛け軸が掛けられていました(というか、3枚も掛けられていること自体がおかしいのですが)。
どれも不気味であまりにも不可解な絵だったので、顔を近づけて一枚一枚をよく見ようとしたその時、突然真ん中の掛け軸の中から、緑色をした得体の知れない何かが飛び出してきたのです。
一瞬、その得体の知れない何かに引きずり込まれそうになって、あまりの恐怖に私は大声で「ぎゃー」って叫んだのです。金縛りにあっているときは声も出せなかったというのに、このときは本能的に大声で叫んでしまったのです。


「ぎゃー」という叫び声は、これまでに叫んだことがない程恐怖に満ちた叫び声でした。
今でも、こんな風に叫んでしまった自分に驚いています。
流石にこの叫びは、寝室中に響き渡り、隣で寝ていた夫を起こしてしまいました。
夫は飛び起きて「何だ何だ、どうした?」と状況が理解できずにただただ驚ろくばかり。
結婚して何十年、私ですら、これ程までに雄叫んだことがないのですから、当然夫も聞いたことはありません。「初めて聞いたよ。こっちの心臓が飛び出しそうだよ」とうろたえていました。
深夜に夫を巻き込んで怯えさせてしまいました💦


明け方まで恐怖の余韻が続き、息苦しくて心臓がドキドキして眠れませんでした。
金縛りと悪夢、ただただ怖〜い怖〜い、意味不明の体験でした。


画像は夢とは無関係です(今年のお正月に撮影)。
深大寺の参道にあるお店と、お店の中にあったこけし。
一体一体個性がうまく表現されていて愛らしい!