lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

TKさんへ(2)術後補助化学療法について 


ラベンダー まだ蕾です


TKさんへ(1)の続きになります。


術後補助化学療法にはいくつかの選択肢があり、その一つにやらない選択や、途中でやめるという選択もあると思います。
年齢、体力、ステージ、効果と副作用のバランス、ライフスタイル、信念など…
医師や家族とも相談して、自分にとって最も適していると考えられる方法を選択できればと思います。


大腸がんを経験された方々のブログで、補助化学療法を受けないと選択された方のブログも読ませていただいています。食事の工夫や生活スタイルの工夫、様々な健康療法なども取り入れていらっしゃり、前向きに元気に過ごされている様子が伺えます。とても羨ましく思いますし、再発もないという方もいらっしゃり、そういう選択もありだなと思います。


私の場合、ゼローダを飲み始めてから、下痢、体重減少、動悸、息切れ、口内炎、喉の炎症、手足症候群などの副作用にみまわれ、経験したことのない副作用に圧倒されて、抗がん剤に対する恐怖心も出てきてしまい、本気でもうやめようと思うところまでいきました。


医師とも相談して、化学療法をやめるのではなく、一旦内服を中止することにしました。それで、状態が回復するのを待ちました。
副作用が強い場合は減薬するとも言われました。

今自分に出来ることとして、時には薬を休むこと、時には薬の量を減らしてもらうことと言い聞かせて何とか続けています。
決して楽では無いのですが、こうやって、できる範囲でやっていけばいいのかなと思っています。


オレンジのバラの写真、TKさんに見てもらえて嬉しいです。嬉しかったので同じ画像アップしてしまいました。


バラつながりの話になりますが、以前、Bette Midler「THE ROSE」を聞いた時、わけもなく涙が溢れてきて止まりませんでした。


今は、自分のがん闘病と人生を重ね合わせて、聴くたび歌うたび、涙が止まりません。ホント涙腺が弱くて困ります(笑!)。