lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

術後1年半のCT検査の結果を聞きました

前回の続きになります。


造影剤を使ったCT検査が無事に終わり、結果説明を聞くために外科外来の診察を待ちました。今まで診察時間の予約をしていても時間通りになったことは一度もなく、だいたい2時間待ち。造影剤を早く体外に排泄させるために水を飲みながら、今回も待ち時間長くなるかな〜と気長に待ちました。大腸がんの場合、再発の約80%は術後3年以内に,95%以上は5年以内に見つかると言われています。現在術後一年半。CTや腫瘍マーカーの結果を聞くまでの待ち時間はやはり緊張します。


半年前の定期検診では、診察室のドアを開けた途端、主治医から「CT大丈夫だったみたい」と言われ、椅子に座る前に退室しました。診察時間は30秒ぐらいだったと思います。今回はどんな診察になるか、座らせてくれるかな?などと想像を巡らせ待ちました(笑笑)


何と今回は1時間待ちで呼ばれました!
中待合に診察室が複数部屋あるのですが、どこを見ても主治医の名前が見当たりません...... もしかすると、主治医が変わった???と頭をよぎりました。半年に1度の診察なのでそういうこともあるかもしれない...診察室に入ったとき違う医師が座っていたら、それはそれで心の準備がありません。


そうこうしているうちに呼び出し機に診察室の番号が表示され、中に入ると、私の主治医が座っていました(笑笑)。


今回は、椅子に座らせてくれました(笑笑)
外来がそこまで混んでいなかったのでしょう。
主治医からは前回と同じ言葉「CT大丈夫だったみたい。」と。
血液検査はプリントアウトしたものをいただきました。結果は前回同様、基準値を上回るもの下回るものにチェックが付いていましたが、腫瘍マーカーは範囲内だったので一安心でした。


先生、また半年後よろしくお願いします。


▲ワイルドストロベリー  年中花が咲いて実がつきます。