lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

白血球数が1600に...(3)「か、痒い、助けて〜」



前回の記事
 白血球数が1600に…(1)「このまま死んでしまうのかな…」
 白血球数が1600に…(2)「その人生きてますか?」
の続きになります。


ゼローダ2コースの出来事です(現在は終了しています)。
白血球数・好中球数が低下したため、2週目スキップし、3週目休薬中のことです。


あっけなく死んでしまうわけにはいきませんから、油断は禁物!
ということで、今まで以上にセルフケアを強化して感染予防や体力温存に励んで過ごしました。


しかし、ここで思いもよらぬ事態に…


突然、身体中が痒くなったのです。
す、すごく痒い。体が熱を持った感じで熱い。


あまりにも痒いので服を脱いで見てみると、お腹と胸、太ももに蕁麻疹が…
赤い凸凹、見た目がグロテスクで気持ち悪い。


なぜ蕁麻疹?
一体どうしてこのタイミングで蕁麻疹が出来たの?
何か変なもの食べた?
白血球や好中球低下の影響?
ゼローダの副作用???
やはり、免疫力が低下したせいかな?
やばい?
やっぱり、怖い。一瞬凍りつきました。
どう考えても原因がわからない。


あまりの痒さに我慢できず、
自己判断で、花粉症で飲んでいた抗アレルギー薬を飲みました。
それでも全く痒みがおさまらないのでもう一錠追加。
痒みがおさまるどころか、蕁麻疹が身体中に広がる広がる…


もう最悪...
ありったけの抗アレルギー薬、使い果たしてしまいました。
私どうすればいいの?


つづく