lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

ゼローダ手足症候群対策 最強の保湿グッズ①


ミント


これまでに書いた
 手足症候群対策 シューズとソックス
 化学療法中の副作用 手足症候群(1)
 化学療法中の副作用 手足症候群(2)
と関連したブログになります。


こんなに湿度も高くてジメジメしているのに、なのに、手足の皮膚は乾燥して硬くなってしまう。冬でもないのに...


ゼローダのハンドブックには、綿の手袋や靴下で保湿するように書かれていますが、実際、私の手足の乾燥は、それだけでは物足りず、乾燥が加速するばかり。


手のひらや手指の先端、足の裏や足指、爪の中が、黒く変色し、
全体に皮膚が薄くなっていて、特に手指の指紋がなくなってツルツル。
(スマホの指紋認証が使えなくなりました)


皮膚が薄くなっているので、乾燥がひどくなると簡単に亀裂が入ってしまうような状態。
ただでさえ痛いのに、亀裂でさらに痛くなるのは嫌だし、いったん切れてしまうと治り難くなるので何とかしたい。


保湿クリームや手袋以外で、何かいいものはないかと考えて、一つ浮かんだのが、寝る前に保湿クリームを塗ってからラップで覆うという方法。
やってはみましたが、この方法、足はなんとか覆えるけど手足の指など覆うのは難しい。


そこで見つけたのが、ジェルソックスとジェル手袋。



手足症候群の症状で、もうずっと足裏が熱くてジンジンしている。
この状態で暖かい湯船に入ると足裏がさらに燃えるようにジンジン痛くなるので、今は湯船に入れず、冷たいシャワーと氷水の足浴のみ。
氷水で足を冷やすと、氷の冷たさで感覚が麻痺する感じ、それくらい冷やさないと灼熱感が取れないのです。
荒療治ですが、帰宅後にこれをやらないと歩くのがとても辛くなります。

足浴時に足裏と足指1本づつよく観察して、弱酸性石鹸で洗い、まずは清潔にします。
その後、水分をサッと拭き取り、炎症の酷いところはステロイド軟膏をつけて、足裏全体と硬くなっているところを集中的にヒルロイド軟膏を塗ります。
そして、すぐにジェルソックスを履きます。




ジェルソックスの説明書きは、「ジェル部分にホホバオイル配合」、「お風呂あがりの30分間履くだけ」とありますが...
お風呂あがりの30分では、カサカサの私の足には物足りない!
なので、一晩中履いています。
今の所、かぶれなどもありません。
ジェルソックスのおかげで、夜間しっかり保湿できるようになりました。


皮膚が柔らかくなると、クリームも浸透しやすくなって、
特にかかとがしっとりして柔らかくなり、手もしっとり‼︎


これで、手足の乾燥を乗り切りたい。