lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

自家製ブラックベリービネガー、まさに飲む点滴!


前回のブログ、「鉢植えブラックベリーもうすぐです」の続きになります。


今日はブラックベリーの収穫3回目。


取れたベラックベリー1回目の半分はフレッシュのままいただきました!
甘酸っぱいというか酸っぱいが先でした(笑!)


残りの半分は、ジャムに。
ジャムにすると種の存在感が増す感じで、歯の隙間に残って、ちょっと食べづらかったので、2回目に収穫したブラックベリーはリンゴ酢に漬けてみました。



「趣味の園芸7月号」のレシピで、リンゴ酢と氷砂糖に漬けてベリービネガーを作りました。


作りたてのベリービネガーを「冷暗所に保管」して、「2週間ほどで飲める」とのことなので、冷暗所と思われる場所に保管。


しかし、連日の気温が30度越え、冷暗所と言えど温室状態!
ということで、あっという間の2日間で氷砂糖が溶けてしまいました…


(画像は漬け込み直後)


たったの2日間だというのに、もう飲み頃な色になっているではありませんか!
ということで、待ちきれず試飲することに。


( ↑ 1日目の様子 まだ氷砂糖溶けていません)


飲み方は、
今回も、「気分転換におやつ ラスベリー+お酢+スパークリングウォーター」でも紹介した方法で。


自家製ブラックベリービネガーを天然炭酸水(スパークリングウォーター)で割ってみました。


ブラックベリーが、リンゴ酢と砂糖液を吸い込んでふっくら柔らかくなっていて、微炭酸のシュワシュワシュルシュルな喉越し。


体が喜ぶ優しい味、すっごく美味しい🎵


このところ、夏バテと補助化学療法による疲労感に体力が追いつかなくなってきていましたが、この一杯で体に元気が戻ってくる感じがしました。


自家製ブラックベリービネガー、まさに飲む点滴!


生き返りました!