lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

白血球数が1600に…(4)「やってしまった…薬物乱用…」

フェイジョアの花6月撮影(マルベリーの花ではありませんでした。訂正します。7月20日)



 白血球数が1600に…(1)「このまま死んでしまうのかな…」
 白血球数が1600に…(2)「その人生きてますか?」
 白血球数が1600に…(3)「か、痒い、助けて〜」
の続きになります。


ゼローダ2コース1週目が終えたところで、白血球数が1600まで下がっていることが判明。
好中球数も低下したため、2週目スキップし、3週目休薬中のことです。


突然、蕁麻疹に襲われました。
最初は、お腹と胸、太ももに出始め、徐々に全身に広がり、痒くて痒くて、あまりの痒さに耐えられなくなって、持っていた花粉症用の抗アレルギー薬のア○グラを飲んでみました。
1錠飲んでも、痒みや発疹に何の効き目もなく、どんどん酷くなるばかり。
ということで、あっという間に持っていたア○グラを全てを使い果してしまいました。


それでも一向に治らず…
痒い、体が熱い、発疹が気持ち悪い、
ただでさえ、ぐったりしていたのに、
この後どうなってしまうのか考えると怖い、私どうすればいいの?
思いもよらぬ突然の出来事に、心身ともに翻弄されるばかり...




私がどれだけ抗アレルギー薬を使ったかというと…
ア○グラを、1時間ごと1錠。
これを薬物乱用と言うのでしょう…(やってしまった!)


ちょうど通院日になり、
正直にア○グラを乱用したことを話すと、医師は苦笑。(ですよね〜)
ステロイド入りの「セ○スタミン」、痒み止めの「強力○スタミン軟膏」を処方してもらいました。


血液検査の結果ですが、
白血球は2900、好中球数も回復。


そして、3コースゼローダをどうするかですが、
中止になると予想していましたが、
医師から、「明日からゼローダの3コース目行きましょう」と。
何事もなかったかのようにサラリと言われました。


こんなに蕁麻疹が出ていても3コース行きますか???


まぁ、先生がそう言うなら飲むしかないか…


ただし、量は減量となりました。


つづく