lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

化学療法中の副作用 手足症候群(1)


ゼローダの副作用の代表的なものが「手足症候群」

ゼローダと一緒に、皮膚の乾燥予防のためにヒルロイド軟膏(保湿)、皮膚の炎症や水泡が出来たときのためにステロイド軟膏(消炎)が処方された。

私はもともと皮膚が弱く、ゼローダを飲み始める前から手のひらには湿疹ができていた。
こんなことだから、きっと手足症候群の副作用が出るだろうと予測していて、毎日手足を観察してこまめに保湿クリームを塗っていた。それでも1クール2週目頃から徐々に「手足症候群」が出始めた。

足指の先端と足裏が紫色になって、しびれや痛み、水泡ができ始めてしまった。足は歩くたびに痛む。特にかかととつま先。立ったり歩いたりすれば体重が足裏にかかるので、歩行や立位の時に痛む。

医師から、右足小指の水泡は、歩くときに履物に当たっていたことが原因だと言われました。

自分では、足に負担がかからないよう考えた上で、軽くて歩きやすいフラットシューズを履いていたのですが、これではダメだったようです。

看護師さんからは、クッション性が高いシューズやスリッパ、厚手の靴下を履くようにすすめられ、ユニクロや無印のルームシューズの情報もいただいた。

副作用の予防法や対処法については、自分では想像できないことばかり。今更ですが、ゼローダを飲む前に看護師さんから、保湿クリーム以外の予防法や対策を具体的に指導して欲しかったな〜なんて思いました。

早速、持っていたウォーキングシューズ(中敷のクッションが厚い)を履いてみると痛みも感じにくく歩きやすい!


最初からこのウォーキングシューズにすれば良かったのですが、仕事用の服装に合わないな〜と躊躇していたんです。後悔先に立たずとはこのことですね。

厚手の靴下といってもこれからの季節、冬のような靴下は暑すぎるし、そもそも売り場を探しても見当たらず。


やっと見つけたのが無印の靴下。お値段も手頃なので何足もゲットしました。