lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

雪かきで体力の低下を実感、体力を取り戻したい

大雪が降ったのは、22日(月)の昼過ぎから。
23日(火)翌朝は晴天。

道路も真っ白で、人が歩いたところだけ雪が踏みしめられていました。
きっとこのお天気なら雪は自然に解ける...
実際、近所の家も雪かきをしていなかったので、そのまま仕事に行きました。
その夜、帰宅すると、近所の家の前の雪がなくなっていて、我が家の前の道路の雪がそのまま...ヤバい...


慌てて翌日(24日)、雪かきをしたのですが、時すでに遅し。
すでに2、3センチの厚みのアイスバーンが出来ていて、”プラのちりとり”ではビクともしません。
氷が柔らかくなるのを待って、お昼過ぎに再挑戦。
長靴の足底の硬いところ(結構頑丈な足底)でアイスバーンを踏みつけるとヒビが入ったので、その塊を手で持ち上げて道路に叩きつけたり、足で踏んで細かくしていき、それを”ちりとり”ですくい山積みにしていきました。
何だかんだ2時間ぐらい奮闘していたら、ついに”ちりとり”が壊れました💦💦


それを見かねた近所のおじさんが、大きい立派なスコップを貸してくれました。
遠慮なくお借りしたところ、スーイスイと大量の雪が掬えてものすごく効率がいい。
このスコップで雪かきをしていたら、30分で終わっていたのではないかと思います。
雪国の方からすれば、私の雪かきはあまりにも無様ですよね〜(爆!)


手術後、これほどの力仕事をしたのは初めてでした。
抗がん剤内服中は、副作用の手足症候群がひどく、手も足も痛かったので、手足を使うことや立ったり歩いたりすることを極力控えてきました。
そのせいもあり、今ではめっきり体力が衰えてしまいました。


手術前は、ヨガを数年間やっていました。
ヨガのお陰で体幹が鍛えられて、余分な皮下脂肪も絞れていたと思うのですが、
もはや体幹はブレブレ、皮下脂肪はブヨブヨ…


そろそろ、体を動かすことを再開させたいと実感しました!


柚子の木(昨年末、青梅で撮影)