lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

猪熊弦一郎展で「素敵なチケット半券サービス」!

前回の続きです。


猪熊弦一郎展を後にして、今度も吸い込まれるようにしてレストラン「ドゥ マゴ パリ」へ。
ここでも猫好き遺伝子の血が騒ぐので、思いのまま、お一人様で入りました(笑!)


何故血が騒いだのか...
お店の入り口にあったスイーツの画像が可愛らしくて美味しそうだったのです。しかも、「猪熊弦一郎展 猫たち」の半券提示でコーヒーor 紅茶付きのサービスが付いています。


猫と魚のパイ。その名も「ポワソン ダブリル/POISSON D’AVRIL」🎵
たい焼きのような形をした魚型(シッポもあります)のパイ生地にイチゴがトッピングされていますが、よく見るとイチゴがウロコを模しています。


「ドゥ マゴ パリ」の説明によると、「フランスでは4月1日をポワソン ダブリル(4月の魚)といい、魚をモチーフにしたお菓子を楽しむ習慣があります。日本では猫の好物といえば筆頭にあげられる魚を象ったフルーツのパイをお楽しみください。」と。


ちょっと贅沢なお値段でしたが、パイはサクサク、イチゴはフレッシュで甘酸っぱくて美味しかったです。おまけに、フランスの伝統的な食文化を体験することができました。


展覧会ではアートを楽しみ感動し、レストランでは季節のフルーツを使った猫と魚を模したスイーツを楽しみ、これで免疫力がうなぎ登りにアップしました!
心も体も元気にしてくれました💕


さらに、ミュージアムショップで自分用お土産をゲット!!
予想外の出費も後悔しません✨
とても楽しい楽しいひと時でした。