lemonlemonlemonのブログ

大腸がんの治療についてこれまで経験してきたこや、日々の日常のことを書きたいと思います。

ゼローダ最終コース 血圧に異変

そろそろ爪が剥がれるかもしれないと思っていた爪が、ついに剥がれました。
剥がれたのは、両足の小指の爪。
爪の周りも紫〜黒っぽくなって腫れています。


体重がかかる場所や足が靴にあたる部分は、ず〜っと痛みが続いています。
特に、母趾球〜小趾球にかけて少し盛り上がっている部分、踵、小趾の外側が痛いのです。
その小趾球と踵の皮膚も少し剥け始めてきました。


頭痛も続いていて、ここ数日動悸もするようになって、
外来で血圧を測ったら、なんと、146-100mmHg
もともと血圧は低い方なので、最高血圧が146で最低血圧も100だなんてありえない...
気を取り直して、深呼吸して息を吸おうとしたのですが、吸おうとすると息苦しくなって、かえって血圧が上がってしまうので、深呼吸はやめて、体の力を少し抜いてもう1回測定。

138ー98mmHg、気休め程度下がりました。


頭痛や動悸や血圧の上昇も副作用なのか...

抗がん剤を半年も飲み続けているので、体へのダメージもあると思います。


血液内科の医師に、血圧と現在の状態を伝えたところ、血圧は気にもとめず。
もう頑張れない、限界にきているという私の表情を見てか、医師も「しょうがないな〜」という表情で、「ゼローダの量を減らしましょうか」と。


ということで、最終週はゼローダが減量となりました。


前回の診察日も血圧が高かったのですが、
自宅で計ると、いつもと変わりありません。
体調の悪さから体が緊張していたのだと思うし、自分が自覚している以上に精神的にも緊張していたのだと思います。


ザクロ